四川省旅行記⑤~いざ張飛ゆかりの地・閬中へ!酢臭くて美しい景観が残る古城街~

1
790

まだまだ続くよ四川省旅行記!

三国志の聖地にパンダ基地とメインイベントは終わってしまったかのように思えますが、実は今回のメインイベントはむしろここからが始まりと言っても過言ではありません。

そのくらい楽しみにしていたのが張飛ゆかりの地でもある閬中(ロウ中)に行くことだったのです!

上海や広州のような都会でもなんとな~くノスタルジックな街並みに出会うことはありましたが、やっぱりハリボテ感が否めず。

どうしてもTHE昔の中国っぽい街並みが残っているところを訪れたかった私、そこで選んだのが中国でも有名な古鎮の1つである閬中古城です。

ちなみに4大古城の1つだそうです。

敢えて成都東駅付近のホテルを選んだのもこのためなんですよ。

とっとと移動出来るようにしたかったからね。

…というのも閬中に高鉄(新幹線)が停まるようになったのは確か昨年2017年のことで、成都東駅からだと1日にたったの2本しか運行しておりません。

しかもその1本は何と朝8時前には発車してしまうのです!

朝の弱い私にとってはキツい時間帯ですが仕方ありません。

わざわざ鈍行に乗るほど鉄オタでもないし、バスで4時間以上揺られるのも嫌というか5日くらいの日程でわざわざ時間のかかる行程は選びたくないわけで。

成都から閬中までは新幹線でも約2時間30分かかるので、昼過ぎに出発となると色々観光したい人にとってはキツいでしょう。

文化遺産になっているようなところはどこも大体閉まるのが早いですから。

ってことで閬中観光を考えている人は成都東駅付近のホテルに宿泊されることを強くオススメします。

さぁ、今年も1年に1回乗るか乗らないかの和階号乗車タイムがやって参りました!

まずは電光掲示板で乗る新幹線の改札ゲート探し。

毎回どんな風に乗るんだったかを思い出しつつ駅構内を歩いている私ですが(汗)、余裕を持って1時間半くらい前には到着するようにしているので今回も無事乗車完了です。

もちろん座席は1等席!

日本だとグリーン車なんて乗れないからね(涙)

中国だとちょっと上乗せするだけで快適になるので絶対1等席以外は取らないことにしています。

そんなこんなで揺られること2時間半…

着いたぞー!!!!!

この画像だとよくわからないと思いますが、新しいだけあって駅の外観がめっちゃカッコイイんですよ。

中はしょぼいんだけど(おい)。

着いたといっても古城街があるのは駅前ではなくバスで20分ほど離れたところにあります。

一桥古城入口というバス停で降りればOK!

バス停前には客引きのおっちゃんがいっぱいいるのでガン無視して乗り込んでください。

ちょっと待てばすぐ来るはずなので。

そうそう、バスの運賃は確か2元だったと思うのですが、その時ちょうど小銭がなくて黙って5元札を渡したんですよ。

別に釣りなんて要らないよ精神で、どうせ中国だったら戻ってこないだろうと思って。

そしたら運転手のオッチャン…何か言いつつ普通にお釣りをくれたんですよ!

それも「2元だよ!お釣りあげるよ!」みたいな気さくな感じでした。

これもちょっとビックリな経験でしたね。

大体お釣りはちょろまかされるもんだと思っていたので(おい)。

そしてバスに揺られること20分…

やっと着いたぞー!!!!!

画面越しに見ていたあの景色が本当にそのままありました。

これまでに見てきたようなハリボテエレジー感なんて0です。

荷物を置いてからゆっくり街歩きをするためにまずはホテルに辿り着かなくては!

百度地図を片手に歩きにくい道をクネクネ曲がりながら10分くらいで見つかったのは方向音痴の私にしては奇跡です。

今回宿泊するホテルは本当に楽しみにしていたんですよ。

ホテルというか日本でいうところの旅館に近いですね。

こ~んなに素敵なホテルなんだもの!見て頂戴!!!

まるで映画のセットのようでした。

ホテルの中にお寺があるのか?お寺の中にホテルがあるのか?

とにかく閬中の古城街にあるホテルは全てこんな感じで昔の建物をそのまま利用しているらしいのです。

だからこそあの景観が失われていないんですね。

中に入ると意外と近代的だったり…フツーに電子キーだよ(笑)

あとこういう構造だからけっこう寒い!!!!

暖房も効きが悪くて常に厚着をしていました。

残念だったのは夜になったらホテルの中にある提灯も灯ってさぞかし幻想的な雰囲気になるのか…と思ったら点灯されることはなかったという(涙)

昼前にはホテルに着いてしまったのですが、早すぎるチェックインも快く対応してもらえました。

さぁ古城街へレッツゴードンキちゃん!

主要観光スポットの入場券を買えるツーリストセンターが古城街の入口近くにあったと思いますが、私はこの街の景観&ホテルが主な目当てだったので行っておりません(おい)。

観光スポットの入場券が何枚かセットになっていて1枚ずつ買うよりはお得なチケットもあるらしいですが…詳しいことは調べてみてください。

観光で食ってるだけあってどこもそれなりに入場料や拝観料が高かったような記憶があります。

1円も払っていないので建物の中には入っていないんですけど、この街並みの中を歩けるだけでも嬉しい経験でした。

お寺や城は一体いくつあるんだってくらい360度どこを見渡してもこんな感じなのです。

すごすぎる。

漢桓候祠=張飛のお墓もありました。

勿論観光スポットの1つです。

何度も言いますけど中には入ってないからね!

とにかく閬中では街の至るところで張飛の名前を見ました。

何かにつけてチャンフェイだらけです。

ビールだってもちろん張飛。

なんというインスタ映えするデザイン!

このビーフージャーキーっぽいのが四川名物の1つである張飛牛肉です。

味はまぁこんなもんだよねって感じの味…察してくれッ!!!

サイゼリヤに置いてある唐辛子ふりかけっぽいものに付けて食べてみましたがそんなに辛くなかったです。

張飛牛肉ののぼり旗もあちらこちらで見ましたね。

とにかく張飛で町おこしをしてやろうっていう気概が感じられる街、それが閬中です。

そして閬中はなんといっても酢が名産だけあって街中が酢臭いんですよ!

足湯の酢バージョンもこの街の名物らしくてあちらこちらにそういうお店がありました。

やってないけど(おい)。

あれだけ酢の匂いを嗅いどいて買わないわけにはいかなかった閬中のお酢がコチラ。

黒酢でめちゃくちゃ美味しいです!!!

日本円で500円くらいだったかな?けっこう量も入っているのでまだまだ減りませんがもっと買ってくれば良かったな。

馬鹿デカいサイズから小さいサイズまで幅広いのでお土産に是非いかがでしょうか。

朝早かったのもあるしそろそろ歩き疲れてきたのでホテルに帰って小休止。

軽く寝て起きてみるとすっかり暗くなってる!そろそろ飯にしなくては!

ってことでまた街に繰り出すと待っていたのが昼間とはまった雰囲気が変わって幻想的になった街並みです。

ライトアップされてより美しい景観を楽しめます。

食べるところもけっこうあったので目に付いたところに入りました。

この他にもう1品塩っからい鶏(確かそれも名物)を頼んだのですがイマイチ…。

火爆ナンチャラという名前に惹かれて頼んだコチラもイマイチ。

昼間に食べた麻婆豆腐は何と厚揚げっぽい豆腐で新食感、これはそれなりに美味かったです。

そんなに辛くなかったし。

…閬中観光日記1日目にして申し訳ないんですけど、ぶっちゃけ閬中の飯は大したことなかったです。

スマンね。

適当に入った食堂でも総じてアベレージ以上を叩き出してくれた広州&深センと寧波の当たりがデカすぎたからな~どうしても比較しちゃうよね~。

まだまだ続くよ!

1コメント

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA