あの名馬は今~2019年ナリタタイシンの現在~ベーシカル・コーチング・スクール

0
84

平成5年の牡馬クラシック3強の一角を形成し、皐月賞を制したナリタタイシン。

今でこそすっかり三強として定着していますが、実は皐月賞前まではビワハヤヒデとウイニングチケットの2強でナリタタイシンは伏兵といった評価だったんですね。

当時のオッズを調べてみるとビワが単勝3.5倍、チケットが2.0倍なのに対してタイシンは9.2倍。

この2強を抑えて皐月賞を制したことで3強として認識されるようになったみたいです(リアルタイムで見てない)。

そんなナリタタイシンはダービーも3着と好走。菊花賞は大敗したものの目黒記念を制し、天皇賞春でもビワハヤヒデの2着に入るなどこれからというところで骨折、下痢、屈腱炎などが続き、翌年の宝塚記念で大敗したのを最後に競走馬引退となっています。

引退後は父リヴリアの後継として期待されましたが産駒が活躍せず引退・・・現在は日高町のベーシカル・コーチング・スクールで余生を過ごしているということで会いに行ってきました!

ベーシカル・コーチング・スクールへ

調べてみたらベーシカルコーチングスクールは競走馬育成の専門牧場だそうで、1歳の馬を預かって調教をされているみたいです。そんな馬たちの中にタイシンがいるとは。

見学は事前連絡が必要で申し込みをしておいたので指定の時間に事務所へ。

事務所で必要事項を記入したあと、放牧地の近くでナリタタイシンが出てくるのを待ちます。

出てきましたナリタタイシン!!

スタッフの方が放牧地の前に連れてきたらテンション上がりまくり。放牧地に放されると場所が決まっているのか1箇所だけ草の無い場所でごろんと寝転がって砂浴び。

そのあとは放牧地を走り回る!

少しアバラが浮いている感じはありますが、動きはめっちゃ元気!!とても今年29歳になるとは思えませんでした。

でもその後は草を食べるのが忙しいみたいでしらんぷり。

ひたすら草を食べるタイシン。

場所を変えてまた草を食べる・・・

食べる食べる。

ずーっと草を食べていました。

近くで触れ合えなかったけどナリタタイシンがそういう気分らしいので仕方がありません。

ビワハヤヒデ、ウイニングチケットともども元気で過ごしてもらいたいものです。

ウイニイングチケットの記事はこちら↓

見学の際は引退名馬のページを参考にどうぞ。

★引退名馬・元競走馬めぐりをしています!↓

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA